Doorkeeper

重度障害者のための「ゼロからはじめる視線入力」フォローアップ研修 in 山形

2019-09-22(日)13:30 - 16:30

山形テルサ リハーサル室

山形県山形市双葉町1-2-3

申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

1,000円 会場払い
参加費は資料代として

詳細

20190922_Yamagata.jpg
PDFダウンロード

重度障害者のための「ゼロからはじめる視線入力」フォローアップ研修in 山形

今年2月22日に山形市総合福祉センターで行われた本研修会。それに次ぐ第2弾です。今回はフォローアップの意味を込めて,より的確に現場で活用するにはどのようにしたらよいか,ポイントをお伝えいたします。
教育福祉分野における視線入力活用の第一人者である伊藤史人氏(島根大学助教)を招いて、もう一度ゼロからお話を伺います。すでに視線入力を導入されてしている方は,日頃疑問に思っていることをこの機会に解決させましょう。

みなさまのご参加をお待ちしています!

日 時 2019年9月22日(金)13時30分~16時30分 ※開場13時45分
場 所 山形テルサ リハーサル室
    山形県山形市双葉町1-2-3
内 容  視線入力の基礎から活用事例の紹介・よく使われるアプリケーションのデモ・質疑応答
定 員 約50名
参加費 1,000円  ※ 資料代として

主 催 遠藤麻里(山形県立山形養護学校)・島根大学ヒューマンインターフェース研究室

【講師紹介】
伊藤 史人
島根大学総合理工学研究科 助教
重度障害者のICT を活用したコミュニケーション支援技術を研究。教育福祉分野において実践を重視した研究開発を行っている。日本一使われている視線入力訓練ソフトである「EyeMoT(アイモット)」の開発者。バリアフリーマップアプリ「WheeLog!(ウィーログ)」の技術責任者。2017 年、NHK 日本賞にてクリエイティブフロンティア部門最優秀賞受賞、その他各種受賞多数。
ブログ: https://www/poran.net/

その他調整中
ネット登壇 等

コミュニティについて

出雲国スイッチ工房

出雲国スイッチ工房

出雲国周辺で重度障害者のコミュニケーション支援を行っている人のコミュニティです。 対象としている方 重度障害者のコミュニケーション支援に関心のある方を主とします。 介護スタッフ・コメディカル・支援学校教員・患者家族 など。 もちろん、障害当事者も含みます。 よくあるイベント内容 ワークショップ形式を基本とします。 重度障害者支援に関わるスイッチ・視線入力・おもちゃの改造や学習支援 を行っ...

メンバーになる