Doorkeeper

第9回 重度障害者のコミュニケーション支援のためのワークショップ ▽マイコンでラッチ&タイマーをつくる!▽

2017-07-29(土)13:30 - 17:00
申し込む

申し込み受付は終了しました

今後イベント情報を受け取る

5,000円 会場払い
持ち物:半田ごてセット(クリーナー・こて台 など)

詳細

第9回では定番マイコンのArduinoをつかって、いわゆるラッチ&タイマーをつくります。
参加費には、ラッチ&タイマーの部品一式を含んでいますので、製作した機器はお持ち帰りして、現場で使っていただけます。

なお、ラッチ&タイマーの詳細な仕様は未定ですが、おおむね以下のようなものです。

ラッチ動作
・1回目のスイッチ入力によりONになる
・2回目のスイッチ入力でOFFになる
・以降、上記の繰り返し

タイマー動作
・スイッチ入力によりタイマー動作を開始する
・ボリューム(つまみ)によって、1~60秒・1~60分のタイマー設定となる
・設定時間終了時にスイッチ出力となる

これまでのワークショップ
第1回 視線入力編
第2回 はんだ付け編
第3回 視線&ワンスイッチ編
第4回 お食事会&相互相談編
第5回 おもちゃの改造&「重度障害者の性」編
第6回 今年のまとめ&ゲーム連動バイブマシン製作
第7回「こころかさね」体験会
第8回「バイブマン」をつくろう

開催概要
日時:2017年7月29日(土)13時30分〜17時00分
場所:島根大学総合理工学部3号館104室ヒューマンインタフェース計測室
対象:重度障害者のコミュニケーション支援に関心のある方
   介護スタッフ・コメディカル・支援学校教員・患者家族 など
定員:10名
参加費:実費(5,000円)
持ち物:半田ごてセット(クリーナー・こて台 など)

プログラム
13時30分 みんなで自己紹介
13時45分 ☆スカイプによる特別ゲスト☆
14時00分 マイコン基礎
15時00分 ラッチ&タイマーをつくってみよう!   
17時00分 おわり

問い合わせ: fumi@ecs.shimane-u.ac.jp (伊藤史人)

☆内容は予告なく変更することがあります
☆急なキャンセルは準備の都合上大変困りますのでやめてくださいヽ(`Д´)ノプンプン

コミュニティについて

出雲国スイッチ工房

出雲国スイッチ工房

出雲国周辺で重度障害者のコミュニケーション支援を行っている人のコミュニティです。 対象としている方 重度障害者のコミュニケーション支援に関心のある方を主とします。 介護スタッフ・コメディカル・支援学校教員・患者家族 など。 もちろん、障害当事者も含みます。 よくあるイベント内容 ワークショップ形式を基本とします。 重度障害者支援に関わるスイッチ・視線入力・おもちゃの改造や学習支援 を行っ...

メンバーになる